🔴GSM試乗会

★地域公共交通関係の投稿で、facebookと同じ内容になります。
★函南町丹那のオラッチェさんと南箱根ダイヤランドで一般社団法人グリーンエネルギー推進協議会さんがGSMの試乗会を行います。
【その1】7月17日(土)~18日(日) 10時~16時  オラッチェにて
【その2】7月25日,8月1日,8日,15日(日)10時~16時 南箱根ダイヤランドワンズヒル北部にて
*雨天中止となります。太陽光発電による充電、火曜日午後の丹那移動診療所への送迎、他を検討中です。~8月16日までの一ヶ月借り受けていますので随時臨時の試乗はご相談下さい。(運転はできません。)
★ゆっくり・のんびり・美味しい空気をすいながら!★
★ 6月までにMOA瑞雲郷さんでの試乗会は大変好評でした。
試乗された方々の声を参照下さい。
GSM試乗の方々の声 ↓
★ 少し詳しい説明を以下に示します。
★★★GSM:グリーンスローモビリティ 追記/補足★★★
・GSM:(略称グリスロ)とは「①時速 20km 未満」で公道を走ることができる「②電動車を活用」した「③小さな移動サービス」です。*0
・7月17日(土)18日(日)10時~16時はオラッチェさんでGSM試乗会(トウモロコシ畑への送迎含む)が検討されています。*1 (雨天中止)
・ダイヤランドでのGSM試乗は、業者の車が走らない休日の10時~16時に交通量の少ないエリア(ワンズヒル地区)で行います。7月25日,8月1日,8日,15日の4回予定。ワンズヒルの北の端93-28にお越し下さい(雨天中止)
・将来は自動運転も可能となりますが、現在は運転手付き軽自動車4人乗りGSMになります。100%バッテリー駆動のEVです。シートベルトは装備されてますが、ドアがないので、最高時速20kmに制限された軽自動車です。
・函南町では地域公共交通の幹線が計画されています。函南と熱海の間の熱函道路に新たなバス路線が計画され、丹那地区ではファミマの近くにバス停が予定されています*2。このバス停から丹那小学校区各区への支線として、いくつかのローカル交通機関(ボランティアTAXIやデマンドTAXI他)が考えられますが、GSMもその一つの案になるかと思います。
・この度は御殿場にある(株)リコーさんの環境事業開発センターさん*3が所有するGSMを熱海のGE:グリーンエネルギー推進協議会さん*4に貸与された車です。運転手も基本はGEのメンバーに限られます。
・車輌の製造は(株)モビリティーワークスさんです。*7
・7月17日~8月16日まで一ヶ月借り受ける予定ですので、ご連絡頂ければ、随時臨時運行可能です。
・保険は通常の対人対物保険がついてます。
・脱炭素時代を考慮し通常の電力以外に太陽光発電による充電も予定します。
・現在丹那地区では火曜日の午後2時から函南町平井の山口医院さんによる出張診療が行われています*5。この診療への移動手段としても実験的に患者さんの送り迎えを予定します。7月20日,27日,8月3日,10日の火曜日を予定しますが、前日までに山口医院さんへの保険証のFAX(055-978-2177)送付を行い、診察券を事前に作成して頂く必要があります。詳細は090-8621-9389に連絡下さい。
・丹那小学校区での学校・学童での子供さんの送迎用途も検討下さい。
・町田の鶴川団地ではこの車による地域の「自家用有償旅客運送」が行われています。*6 もし将来有償旅客運送手段としてGSMを使う場合は参考になると思います。
・脱炭素時代のガソリンスタンド減少を想定して、、、
・将来の小田原湘南道路にそなえた丹那地区の一層の道路整備を想定して、、、
・リモートワーク、農泊時代の首都圏、熱海地区からの人口流入を想定して、、、
 ★ GSMと共存できる、超スロー、のんびり交通に慣れましょう!
___________ 以下 参照情報 ______________
*0:GSM情報 国土交通省 総合政策局 環境政策課
*1:オラッチェさん情報 https://oratche.com/
トウモロコシ迷路情報2020年
*2:函南町地域公共交通情報
同 GSM関連(この情報)https://dialand.jp/archives/13150
*3:リコーさんGSM説明資料
⑬グリーンスローモビリティ(GSM)のご紹介210608
*4:GEグリーンエネルギー推進協議会 https://greenene.wixsite.com/green
*5:山口医院出張診療情報 https://dialand.jp/archives/5846
山口医院案内 敬老会 改定0917 no2
*7:モビリティーワークス http://www.mobilityworks.co.jp/

🔴R3年6月議会で軽井沢メガソーラー建設阻止の一般質問行いました。

2/4に締め切られた函南町軽井沢メガソーラーの
静岡県環境アセス方法書に関する意見書は1500通近くにもなりました。同メガソーラー建設阻止に向けた皆様方の熱い思いに厚く御礼申し上げます。
皆様方の意見は、5月13日第2回目のアセス審査会資料の5の「住民の意見」に県が反映してくれました。

https://bit.ly/3q1GC7D(飛ばない場合はURLをコピペ下さい)
また函南町の町長意見にも住民意見(議員含む)は盛り込まれていますが事業者見解がいかに不誠実であるかおわかり頂けます。
https://bit.ly/3woEZmD (飛ばない場合はURLをコピペ下さい)
町長意見(87)の事業者見解は。。。本事業では樹木の伐採や土地の改変を行いソーラーパネル等を設置することから、土壌浸透能が低下するため、雨水はパネル表面や排水路から調整池に排水されますので、雨水の表層土壌への貯留による表層崩壊のリスクは現状より低減されるものと考えます。。。と言ってますが、2019年の19号台風では(近隣の2017年開始のメガで)土壌に浸透した大量の雨水が土砂とともに大量に崩れたり、駿豆水道水道本管が、ゆる傾斜地にもかかわらず崩れ去りスコリヤ層特有の、この地域特有の土壌の弱さが露呈し、この事業者見解が真反対の間
違った見解である事を示しています。
私も、三つのグループの方々の活動および近隣市町のメガソーラーに関する高裁判決等を紹介させて頂き6月11日の函南町6月議会の同メガソーラー建設阻止について一般質問させて頂きました。
相変わらず当局側とはすれ違いの40分間になりましたが、参照頂けると幸いです。
http://www.town.kannami.shizuoka.jp/…/R03-06.html…
https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/914279.html
6/9最初にまた6/11の最終一般質問でも他の町議が同メガソーラー関して一般質問してくれています。
以下関連情報がありますのであわせて紹介させて頂きます。
考える会の情報:https://dialand.jp/archives/category/news/megasolar
継続してこのメガソーラー建設阻止に向けて活動を進めますので
何卒宜しくお願いします。

🔴12月議会で一般質問のyoutube画像が見られます。

https://www.town.kannami.shizuoka.jp/ トップページ→議会情報→定例会→議会録画配信→令和2年12月定例会(一般質問)で各議員をクリック下さい。画像の直前に一般質問内容の要点も表示されています。

または直接で
http://www.town.kannami.shizuoka.jp/smph/gikaijoho/teireikai/gikai-haishin/R02-12.html#cms0E3A0

または以下のショートアドレスからもご覧いただけます。
https://bit.ly/3lwZDec


私の一般質問もはじめてyoutubeの録画配信となりました。。。今回のは、色々事情があり、余り出来は良くなかったのですが、できればみなさんにアクセスしてもらいたいと思います。デジタル課設置、移住促進、メガソーラー関係です。

このyoutube録画配信には5月頃からいろいろと働きかけを始めました。6月にコロナ禍から、それまで禁止されていた函南町庁舎内でのyoutubeアクセスも県が(全市町に対し)許可し、9月議会からまず録画配信が始まりました。今後議会のみならず町民の皆さんとの各種会議、委員会等はyoutubeのライブ配信がなされれば(自動的に録画情報も残るので)みなさんとの距離(時間的にも)が縮まると思います。今後、できれば各議員さんの一般質問通告書(議会で傍聴されるときはその場で入手可能)のpdfを事前にみなさんにお届けできるように進めたいと思います。

🔴令和2年9月議会が始まります。

●9月議会からyoutubeでの一般質問の録画配信が始まります。この件では私も少なからず働きかけをしましたので。。。以下参照下さい。

http://www.town.kannami.shizuoka.jp/gikaijoho/teireikai/gikai-haishin/R02-09.html

・一般質問内容は以下参照下さい。

http://www.town.kannami.shizuoka.jp/gikaijoho/teireikai/ippan-shitsumon/R02-09shitsumon.html

●しかしこの9月議会では、私、古村高は9月1日から3日の3日間、出席自粛することになりました。この期間では一般質問の日時になりますのでこちらにも参加しません。
・理由は、私がとった行動が原因ですが、詳細は後日またお伝えできると思います。私をサポート頂ける皆さまへの残念なお知らせになりますことをお許し下さい。

🔴函南町の宿泊施設、飲食店等に協力金が支払われます。

 ★ 追記になります。
4/28に協力金に関する新たなHP情報が掲載されましたので
お知らせします。
https://www.town.kannami.shizuoka.jp/gyosei/jigyoshamukejoho/shokogyo/corona.html

_________________________________________________
今朝4/28の伊豆日々3面に掲載されてますが、
国が決めた1人10万円とは別に、函南町の宿泊施設、飲食店に
協力金が支払われることを昨日4/27に町は決めました。
5/1~6が対象ですので関連の方々になるべく早く周知願います。

1人10万円の給付
https://www.town.kannami.shizuoka.jp/kenko/korona_virus/covid19kyufukin.html

飲食店等への協力金に関しても
今日以降町のHPに掲載されるはずです。
電話では、町の産業振興課979-8114、商工会へ
お問い合わせください。

🔴函南町の話題3連発!

★メガソーラーの話題以外でfb: facebook(https://www.facebook.com/takashi.furumura.33)にこの4月に掲載した話題を3つ連続で紹介します。

●4/24のfb:少し前になりますが、町の広報誌に掲載されていた、役場前近くの日枝神社脇の町営温泉スタンドをチェックしました。日本では掘削能力の向上でどこをほっても温泉は出てくる時代になったと聞いてますが、温泉の自動販売機というのは初めて聞きました。近くには湯~トピアかんなみという天然温泉がありますが、この温泉自動販売機でポリタンク何個かで自宅に温泉を持ち帰ることが出来るわけです。函南町には畑毛温泉という伊豆北部の名湯のひとつがありますが、その系統の無色透明、56度弱アルカリ温泉のようです。日枝神社も由緒ある神社のようでした。https://www.town.kannami.shizuoka.jp/…/tais…/onsenstand.html

https://photos.app.goo.gl/U3UNQD5ahDNH28Sv9

 

●4/5のfb:丹那トンネルとそれにともない設置されていた桑原川橋梁が2019年度の土木遺産として登録されました。それを記念して函南駅脇に新たに記念碑が設置されました。ともに昭和9年に完成し現在も東海道線の現役バリバリの重要施設です。 ご存じのように丹那トンネルは大正9年から昭和9年までかかり丹那盆地眞下で掘削されましたが大きな出水があり、多くの人の犠牲と苦労で完成しました。それまで豊富な湧水でワサビ田まであった丹那盆地の人々の生活はこの出水による生活用水の枯渇で一変し、当時鉄道省に竹槍を持って住民が押し寄せる騒ぎにもなりました。そのこともあり当時は丹那トンネルの西側出口には三島駅しか計画されていませんでしたが、丹那の人々の苦労をしのび函南駅が新たに計画されたとのことです。この辺の丹那トンネルの掘削の経緯は吉村昭の「闇を裂く道」に詳しいのでぜひご覧下さい。

https://photos.app.goo.gl/BKgcwMJ3f6PNW1uC6

 

●4/4のfb:外に行きたくてウズウズしている孫たちをつれて、近所の菜の花畑へ、、、とそこへ数人に人が来ていて、菜の花畑すぐそばの「こだま石」について教えてくれました。以下はwebからのコピペです。webの写真は紅葉のころのですが、菜の花とのフォトもいかがでしょう、、、
https://loconavi.jp/spots/223683
この場所はダイヤランドの第1警備室から畑毛方面へ(西へ)谷下通りを下り500mも行かないところ(クボタ自動車さんの手前)です。こだま石は三枚目の写真(菜の花畑)で子供達の頭の上のところに見えています。ただこの石のすぐそばまで行き看板を確認するには足元の状況がよくありません。注意して下さい。雨の後はぬかるんでいると思いますので。

https://photos.app.goo.gl/reNTd7gU7zfp8Hki6
________________________
伊豆七不思議の1つ「函南のこだま石」は、静岡県の田方郡函南町平井の山中にある大きな岩にまつわる伝説です。その昔、平井におらくという母親と与一という息子が二人で暮らしていました。ある時、おらくは病を得て帰らぬ人となってしまい、与一は悲しみのあまり、母と共に語らった大岩に向かい、声をかぎりに母を呼び続けたところ、岩の底から「与一よー、与一よー」と懐かしい母の声がこだましてきたといいます。来る日も来る日も懐かしい母の声を聞きに行く与一に村人は心を打たれ、この岩を「こだま石」と呼ぶようになったと伝えられています。

🔴軽井沢メガソーラー林地開発許可の取り消しを求める意見書の提出

3月27日に、先に議決した意見書を携え、静岡県庁を、函南町長、議長、副議長、議会事務局長が訪問し、難波副知事に手渡し、林地開発許可の取り消しを強くお願いしました。
なお
県に対して2月26日付けで、業者から3月末完了であった工事予定を3年延長するとの申請が出されていることを昨日(4月22日)函南役場の都市計画課から議会に対して報告がありました。
私は今後も町と歩調を合わせ、できる限りの建設反対を推し進めます。

🔴三月議会(その1:メガソーラー関係)

この議会最終日に「林地開発許可取り消しを求める決議」を全会一致で可決しました。これは共産党函南町委員会が2月に函南町議会議長宛に提出した軽井沢地区のメガソーラー建設計画の林地開発許可の許可取り消しを(県知事に)求める意見書を提出し、関連議員の努力もあり、議会運営委員会が3/13に提出した意見書を、全会一致で可決したものです。林地開発許可は一度決まると業者が変わってもその権利が承継されるとのことで有り、取り消しになれば今後の同地区のメガソーラー建設阻止に大きく影響します。しかし実際の取り消しは非常に難しいと思いますが、今回のことを契機に町が一体となる新たな大きなうねりにつながればと思います。条例適用も含め同メガソーラー建設阻止に向け活動を継続します。3月議会では植松さんが先ず質問しその後古村、田中さんでメガソーラー関連質問でした。詳しくは以下参照下さい。

田中議員のブログ

以下は南箱根ダイヤランドNewsを参照します。

○同意見書に関する関連ページ

○植松議員の同メガソーラー関連一般質問

○古村の同メガソーラー関連一般質問

*私の一般質問で誤りがありましたので以下に訂正します。

(後日議会議事録を訂正できるかと思いましたが、訂正は議会中(3/13まで)とのことで、ここで訂正させていただきます。)

誤り:町の弁護士は一貫して、条例適用出来ないと言っている。【注意1】

訂正:町は、「弁護士が適用できないと言った」とは一度も言っておらず、「町の弁護士とも相談し、総合的に考えて」条例適用できないとしている。

メガソーラー関連請願・一般質問掲載の「議会だより」が発行されました。

🔴 2月14日に「広報かんなみ」2月号および「議会だより」No176が発行されました。議会便りの表紙は函南「原生の森」に咲くカタクリの花(昨年3月中旬,鈴木雄三さん撮影)です。私は軽井沢メガソーラー関連の請願に対する賛成討論および一般質問(学童関連も)を行いましたので、お時間のあるときに参照下さい。他の議員の方々の討論・一般質問も参照できます。

★2/14発行議会便り(令和元年12月議会内容)

  函南町議会だよりNo176

★および解説

  議会だより No176(解説)

更に詳しい解説は以下参照下さい。

「議会だより」の間違いを指摘する

また2月19日には関連のTV放送もありましたので以下も参照下さい。

★静岡TV放送:
https://youtu.be/i8x7iraKKwI